相馬圭二のブログ『目指せ農的な暮らし~半農半音へ向けて~』

元バンドマンが農的暮らしを目指す顛末記!

スポンサーサイト

--/--/-- [--]--:--
category: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- comment --   編集

ごあいさつ

2010/08/28 [Sat]05:00
category: 精神
みなさまお久しぶりです。


東京から千葉君津市の山里へ移住してから、早くも二週間あまり経ちました。

お風呂場のタイルを貼ったり、壁を塗ったり、草刈りしたり…毎日フルパワーで稼働して、とても書ききれないほどたくさんのことを経験させてもらっています。

『目指せ農的な暮らし~半農半音に向けて~』
というタイトルでこのブログを綴ってまいりましたが、前回の記事『時は来た!』でキレイに完結しちゃったなあと感じました。
『想像』から『創造』する段階に来たのだと思いました。

これからはその実践編として、新しいブログにて発信させて頂きます。

新しいブログの準備にもう少し時間がかかると思いますが、準備が整ったらまたここでお知らせさせて頂きます。


今までこのブログをご覧になって下さった方々、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

月が追い掛ける朝

2010/07/27 [Tue]11:57
category: 精神

昨夜は友人のお誘いで渋谷新宿と、久しぶりに都会の喧騒を楽しんだ。
そんな中で、自分が試されている、と感じたことがたくさんあった。

いい人と思われようと自分をつくってないか?

心の壁をどこか少しつくっていなかったか?

音楽バーで促されてギターを手にしたとき、エゴの波動を出さなかったか?

目の前でおこることは全て自分の心が映し出されたものだと自覚したか?

うーん、どれも微妙微妙!
いやあ、自分まだまだっす(^_^;)

私自身の警告であり確認でもある。

そのことを教えてくれた全てに感謝。

朝帰りの私を追い掛ける満月

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

愛と愛情

2010/05/21 [Fri]05:56
category: 精神
どんなに相手の事を想ったとしても、相手に何かを求めるのが愛情。

相手に何かを求め、結局相手から何かを奪ってしまう。

言わば有償の愛、情念の愛。

気を付けないと、ついつい愛と愛情を取り違えてしまう。


あなたにとって、私に出来る事があればサポートさせて下さいね。

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

求めること

2010/04/20 [Tue]11:22
category: 精神
他者に何かを求めるということは、相手にこうあって欲しいという自分のエゴから来るものが多いのではないだろうか。
だからそれがかなわない時に落胆したり、良くない感情が生まれたり…。
当然それは相手にも伝染し得るし、それがまた自分に帰って来たりで、負のスパイラルにはまってしまいがち。

誰かを悪者に仕立てて責任をかぶせるのも同じだよね。

結局全ては自分の心が生み出すもの。
求めるのは自分の心であり、自分の可能性であり、それをサポートしてくれる宇宙のシステムだったり。
その方が断然ワクワクするんだ。

そう思いつつも日々の中で無意識のうちにブレてしまうことが、まだあるんだよなぁ。
「あの人が~だからダメになった」とか、「あの人のせいで~なった」「あのひとが~だったら良かったのに」なんて思っちゃったら要注意。
そんなことにパワーを使うのはもったいないよね。
それ以外にもっともっと素晴らしいことがあるってのに!

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体

やっぱり母性か

2010/03/22 [Mon]21:28
category: 精神
今日は友人に誘われて講演会を聴きに行って来た。
その帰りの電車でのこと。

若い夫婦が座席に座っている。
お母さんのひざの上には就学前の男の子。
どうやら男の子がぐずっているようす。

母「もう、静かにしなさい!」
私は心の中で(全然うるさくなんかないよ、辛そうだね)

しばらくして男の子は突然大量に嘔吐した。
母「あー、もう!」
男の子は呆然と立ち、泣きたいけど泣けないみたいな状況。
向かいの席の女性が大量のティッシュペーパーを差し出す。
ゲロまみれの服を脱がしビニール袋に入れ、床を拭くお母さん。

(頼むからあとで男の子を怒らないでね。ごめんね、辛かったねって言ってあげて。お母さんそれに気付いてあげて。そして頑張って子どもを育ててくれてありがとう。)
私は心からその親子に発信する。

男が父権的なところでごちゃごちゃ小さくやっているその瞬間も、世界中で母性は生産的な現場の渦中に存在する。
…う~ん、コムズカシイ表現になってしまった。
つまり、母性が世界を救うってことかな?まあ、そう感じるのだ。

テーマ:こころ - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。